このサイトについて

毎日更新の趣旨を再確認してこうすることにしたよ

ライオンくん
毎日更新はどう?なんか得られたものあった?
クマくん
あったよ。あとそれに伴って記事の書き方変えることにしたよ。
この記事の内容
毎日更新の趣旨の再確認と今後の方針について
この記事は3分で読めます

毎日更新の趣旨

今俺がやってるブログの毎日更新。この趣旨。要は毎日更新をやる意味、やって得られることについて、実際の体感ベースで考えた。

記事執筆への心理的ハードルが下がる

毎日ブログ記事を書く事で、その行為に慣れる。慣れる事で、今まで月に3記事更新ぐらいの時に感じていた「めんどくさい」「今から記事書くのかぁ・・・」といった負の感情がなくなった。

記事を書くことがそんなに大変なことではなくなった。その理由はこれだ!という言い切れるものはないが、単純に知らないこと、わからないことが減っていくからだろう。

例えるな「職場」とかそんな感じではないだろうか。新しい職場に行き始めた時は、

  • どこに何があるか
  • 何をするのか
  • 誰がどういう人なのか
  • どういう人間関係なのか
  • 何をするのがタブーなのか

などなど知らないことが大量にある。だからそれなりに緊張感とかもあるから職場にいくのに気力がいる。

けど1年も通えば大体のことは把握できる。そうなったとき知らないことがない職場にいくことはそんなに気力は使わない。

執筆速度の向上

毎日更新といういわば制限時間が設けられてるため、間に合うように書こうとする。結果効率よく書く方法を自然と探して実践するようになって執筆速度が上がる。

ブログの優先順位があがる

毎日更新をすることで、1位日の大半をブログに使うことになり、生活においてのブログの優先順位をあげることができる。というか必然的にあがる。優先順位というとふわっとしていてわかりづらいが、要はブログに対する真剣度。

普通の人からしたら、別にブログを書かなかったところで死にはしない。暇つぶし程度。これだとブログは続かない。

ただ毎日更新をすることで、「ブログを書かなきゃ死ぬ」とまでは行かないが、「こんなことしてる暇あったらブログが効率よくかける方法知りたい」ぐらいの優先度、真剣度にあげられる。これはでかいと思う。

毎日更新の趣旨のまとめと感想

実際に毎日更新をして得られたことからわかるように、基本的には「執筆速度の向上」が毎日更新で得られる最大のメリットであり、毎日更新でなければならない1番の理由だと考える。

例えば「ブログの優先順位が上がる」なんかは別に毎日記事を更新する必要性はない。「執筆への心理的ハードルが下がる」なんかも毎日1記事を書かなくてもだらだらブログ書いていればそのうちさがる。

「執筆速度の向上」。これだけが毎日更新でなければ上がらないことだと思う。

俺個人や、その他多くの人は無理に「ごみみたいなやっつけオピニオン記事」を書くぐらいなら、3日ぐらいかけて丁寧に書いた記事をアップした方が良いと思うだろう。

ただそれだと時間に制限がないため、執筆速度は上がらない。あげる必要性がない。

毎日更新というルールを設けることで初めて、執筆速度の向上に必要性が生まれる。ごみ記事をアップしてサイトの評価を落とすリスクをおっても、毎日更新することでのみ得られる執筆速度は価値がある。と俺は思う。

ぶっちゃけごみ記事はあとで非表示なり消すなりすればいいだけだしね。

今後の方針

毎日更新の趣旨を再確認した上で、より「執筆速度の向上」に繋がる具体的な施策を考えたので紹介したい。紹介というかお知らせ。

記事の書き方

記事の書き方を変えることにした。今までの記事の書き方と、これからの記事の書き方の違いは以下だ

今までの書き方
・1日の作業時間30分前までSEO記事執筆
・間に合わない場合残り30分でゴミ記事かいてノルマだけ守る
これからの書き方
・制限時間2時間
・KWは開始前に決める
・時間内でリサーチ→記事構成→執筆をやれるとこまでやる
・2時間終わったところで記事アップ。途中でもアップ。

今までの書き方

今まではギリギリまでちゃんとKWを立てて、リサーチしてって記事を一応その日にアップロードするという心意気で書いていた。それで残り30分時点で無理そうだったらそこからオピニオンやっつけ記事で無理やりノルマだけ達成的な。

これの利点は、ちゃんとPVを稼ぐ中途半端じゃないSEO記事がアップロードされること。欠点はゴミ記事でやり過ごせるからSEO記事の執筆速度は向上しないこと。

これからの書き方

2時間の時間制限を設ける。KWは事前に決めておいて、ヨーイドンでKWのリサーチスタート。リサーチ→記事の構成→執筆。この一連の流れを2時間以内に行う。

これで利点は、記事を書くのに必要な工程を通しの速度が上がること。リサーチは執筆速度とは遠いけど早いに越したことはないからついでに。欠点は中途半端な記事がブログにアップロードされること。

この欠点に関しては別にいいかなと思っている。理由は弱小ブログで固定読者なんぞハナからいないし、どうせインデックスに時間かかるからさっさとグーグルの海に放り出しておいてあとでリライトすりゃどうにでもなるっしょって感じ。

毎日更新の趣旨とこれからの方針のまとめ

毎日更新で得られるもの

  • 記事執筆への心理的ハードルが下がる
  • 執筆速度の向上
  • ブログの優先順位があがる

 

毎日更新する前は「やる意味あるの?」「無駄じゃね?」と否定的だった。だけどmanablog、パカログほか成功している人がやっているから実際にやってみた。そしたら思っていたよりもメリットあった。

もし毎日更新にあまりいいイメージがない人もぜひやってみてほしい。得られるものは大きいぞ。

この記事がタメになったら友達に
クマくん
タメになったね〜タメになったよ〜
とこの記事のURLをtwitterのリプライで投げつけましょう♩
この記事のURLとタイトルをコピーする
  

ライオンくん

ファミマのトイレ戦法やめい
この記事のURLとタイトルをコピーする