このサイトについて

お金より時間が大事マンが結局一番稼ぐ

金で悩みたくない

お金が理由で悩むのが一番くそだと思う

金がないからベストアンサーのiPad Proのセルラーモデルや最軽量のMacBook、iPhone XSが買えないこと、それについて悩む時間が勿体無い

金があるだけで解決することだから

ガジェットを買うときどれが優れているかネット上の記事を見比べて自分の予算と相談しながら検討する時間が無駄

金があれば最高グレードフルカスタムで買えばいいだけ、全部買って試せばいいだけ

タスク管理アプリで純正アプリの方が使いやすかったのに、お金を払ったらから無理にthingsを使おうとするような思考や行動がくそ

金>時間という間違った思考が招く歪みだと思う。

例えば一本100ネギハーフサイズ200刻みネギなら迷わず200円の刻みネギを取る

 

お金>時間 の人は迷わず100円のネギを買うと思う

300円の冷凍パスタと一60円の自炊パスタなら迷わず冷凍パスタを買う

ライオンくん

自炊したら安く済むのに勿体無い

それはあくまでお金基準で考えた時の思考

時間基準で考えると自炊がいかに勿体無いかわかる

俺は300という金を払いレンチン5で出来上がったパスタを5で食べて食事終了

かかったお金は300
かかった時間は10
かかった労力はレンチン(0に等しい)

自炊パスタマンは

60を支払い10かけて沸かしたお茹で15かけて乾麺パスタを茹でて5かけて味付けと盛り付けをして5かけて食し、5かけて食器を洗い食事終了

かかったお金は60
かかった時間は40
かかった労力は調理、洗い物(ソコソコの労働)

ライオンくん

240円も得じゃないか!

これがお金基準の人の考え

この人は気づいていない

時間差30
利益240
時給480

クマくん

普段時給いくらで働いてるんだよ

それだったら俺はできた空き時間30分働いて500円もらうわ

これも厳密に言うとちがって

あくまでこれは時給1000を例にした場合の話

自分のスペックを上げれば時給なんていくらでも上がるわけで

時給1万円の人ならできた305000円稼ぐわけだ

それにくらべて節約はわけが違う

時間の値段が青天井なのに対して、節約は最初から天井が決まっている

そして時間がかかればかかるほどそのお金は目減りしていく

節約をするひとはすなわちお金が欲しい人だと思うんだけど

結果的に時間>お金の思考の人の方が金を稼げるという構図になる

これは俺みたいな雑魚だけが言っているなら説得力に欠けるがフェイスブックのザッカーバーグだとか、アップルの元CEOスティーブ・ジョブズだとかの世界の富豪ランキングに入ってくるような大金持ち達がやっている。私服の制服化とかがそれに当たると思う。

ちなみに俺も私服の制服化してる
オレは洗濯物を畳まない

もっと身近な例で言えば、youtuberのラファエルとかもそういう傾向があった

どの場面かと言うと北海道にお金を落として手助けするみたいな動画での一場面

これは同行したシバターというyoutuberが批判動画としてあげていた内容だが、

みなで食事した際、豪勢な料理を食いきれないほど頼み、映像が取れたらもういらないので料理下げてくださいと店員に発言していたというもの

これに対しシバターはもったいない育ちが悪いと批判していたが

時間>金 という思考があれば至極当然のことである それも仕事ならなおさら

ちなみに現在ラファエルは月4000万円ほどの収入がある

金を稼ぐと自然とそう言う思考になるんだと思う

すなわち逆説的な意味でそういう思考の人が金持ちになるといっても過言ではない

時間>お金 は金持ちが自然と行き着く思考なんだと思う

節約節約の人はタクシーなんて絶対に使わないと思う

けど時間>お金ならタクシーはもはやマスト

そこでタクシー代けちって徒歩で1時間消費するなら

金払って1時間作った方が金を稼げるということ

例をあげすぎてごちゃごちゃしたが俺の言いたいことは伝わっただろうか

だから間違っても俺は見失った100円均一で買ったハサミ1時間かけて探すなんてこと絶対にしないということ

 

最初は時給1000で考えて生活すればわかりやすいのかなと思う

俺の基本的な考え方は時間>お金、労力>お金だよって話でした